本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. 竹原観光案内
  3. 学ぶ
  4. 見る
  5. 資料館・情報センター
  6. 大久野島毒ガス資料館

学ぶ

大久野島毒ガス資料館

所在地〒729-2311 広島県竹原市忠海町大久野島
交通案内

忠海港まで広島空港から車で約45分・山陽自動車道河内ICから車で約40分・JR呉線忠海駅から徒歩約5分。忠海港から船で約15分。
大三島から船で約20分。

電話番号0846-26-3036
営業時間9:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日年末年始(12月29日~1月3日)
料金19歳以上一般100円、団体(20名以上)80円。19歳未満一般50円、団体(20名以上)40円。

0016毒ガス資料館.jpg

naibu.jpg

戦時中大久野島には毒ガスの製造工場がありました。日本軍が毒ガスを製造していたということは、昭和59年(1984年)まで日本ではほとんど知られていません。化学戦の実態は慎重に秘匿され、旧軍関係者以外の日本人はほとんど事実を知らなかったのです。昭和59年(1984年)に日本の化学戦実施に関する報道がされて以来、日本の毒ガス兵器の研究開発は旧陸軍化学研究所(東京)、大量製造したのは大久野島(広島県竹原市忠海)、充填は曽根(北九州市)、化学戦の運用、訓練には旧陸軍習志野学校、といった日本の化学兵器の構図(陸軍習志野学校史)が明らかにされています。今、大久野島は休暇村として開発され国民の保養地となり、往時を偲ばせるものはわずかに砲台跡・発電場・毒ガス貯蔵庫など数少なくなっていますが、この島で毒ガスを製造した過程で多くの犠牲者を出すに至ったこと、この痛ましい事実を今に伝えるため、関係各位からよせられた当時の資料を展示して毒ガス製造の悲惨さを訴え、恒久平和を希求します。この資料館は、広島県、関係市町並びに障害者団体のご理解とご協力により建設されたものです。

詳細マップ

▲ページの先頭へ

サイト内検索