竹鶴政孝ものがたり

竹原は「日本のウイスキーの父」竹鶴正隆のふるさと

竹鶴政孝ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏は
1894年(明治27)年竹原の造り酒屋竹鶴酒造で誕生し、
旧制忠海中学校(現広島県立忠海高校)卒業まで、竹原で過ごしました。
その後、摂津酒造に入社。ウイスキー製造技術習得のため、スコットランドに留学し、その地で出会ったスコットランド女性のリタさんと結婚。
帰国後、壽屋(現サントリー)で日本初の国産ウイスキーの製造に成功し、軌道に乗せましたが、更なる理想の地を求めて、1934(昭和9)年、スコットランドと風土・諸条件が似ている北海道余市にニッカウヰスキーの前身の会社を創業しました。
進取の気性に富み、困難に打ち勝ちながら純国産ウイスキー製造に信念を貫いた政孝氏は、竹原の誇りです。

1894(明治27)年政孝、竹鶴酒造宅で誕生
1913(大正2)年忠海中学校(現忠海高校)卒業
大阪高等工業学校(現大阪大学)醸造科入学
1918(大正7)年スコットランドに単身留学、グラスゴー大学にて応用化学を学ぶ
1920(大正9)年1月、スコットランド人女性リタと結婚
11月、二人で横浜港に帰国
1921(大正10)年政孝、リタを連れて竹原に帰省
1923(大正12)年壽屋(現サントリー)入社
1924(大正13)年政孝の設計により、日本初の本格ウイスキー製造所、壽屋山崎工場竣工
1929(昭和4)年わが国初の本格ウイスキー「サントリー白札」発売
1934(昭和9)年北海道余市に「大日本果汁株式会社」設立
1940(昭和15)年ニッカウヰスキー発売開始
1952(昭和27)年社名をニッカウヰスキー(株)に変更
1961(昭和36)年1月17日リタ永眠(64歳)
1969(昭和44)年勲三等瑞宝章授与される
1979(昭和54)年8月29日政孝永眠(85歳)

竹鶴酒造

ハイランドデイストラリーにて工場長グラント氏と(1919年4月)