本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. 特産品料理レシピ

特産品料理レシピ

竹原のおいしい旬の食材

竹の子
3月中旬~5月初旬にかけて収穫できます。9月に雨が多いと翌春は豊作になります。

ゲン丁
白身で、身離れもよく食べやすいため、和・洋たくさんの料理に使われます。

タコ
足が太くて短いものが良いです。大きすぎてはダメで、1~1.5kgのものが味も良く扱いやすいです。

ジャガイモ
同じ馬鈴薯でも、【農林1号】はコロッケや肉じゃが、【出島】はカレーやシチューなどに適しているそうです。

現在では約1,350頭の牛を飼育し、生産、加工、販売が自社で一貫して行われています。

ぶどう
注目は、皮ごと食べられる「瀬戸ジャイアンツ」。

胴丸
淡白な白身で新鮮なものは、刺身でも食べられます。他に、天ぷら・から揚げなども美味しくいただけます。

きぬさや
10月末から4月末に収穫されますが早い時期に採れたもののほうが美味とのこと。

ハゲ
新鮮なものであれば肝も食べられ、しかも値段的にもリーズナブルです。

タイ
旬の時期は、冬から春にかけてで、産卵前の初春では桜鯛として珍重されているそうです。

牡蠣
この辺の牡蠣の特徴は中粒で身がしまって甘みがあります。

イチゴ
大ぶりで鮮やかな赤色、ほどよい酸味と甘みがあって評判のイチゴです。

たけはら魚飯
塩田がなくなった今では、『塩田と共に消えた幻の料理』と呼ばれています。

gyohan01.jpg

▲ページの先頭へ

サイト内検索