竹原はアニメ『たまゆら』の聖地

  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
  • (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
    (C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会
アニメ『たまゆら』は、竹原市を主な舞台に、写真が大好きな女子高生 沢渡 楓(さわたり ふう)と、彼女を取り巻く人たちの日常とささやかな夢を描いた心温まるストーリーです。
2018年・2019年・2020年に続き2021年も「訪れてみたい日本のアニメ聖地」88か所に選ばれました!

『アニメ聖地88」は毎年のWEB投票で決まります。ぜひアニメたまゆらを応援してくださいね♪
竹原を舞台としたアニメ
写真が大好きな沢渡 楓が父親の遺したカメラで撮る写真は、見る人を幸せな気持ちにして、心と心をつないでいきます。父親との思い出の町・竹原に引っ越してきた楓が、かおる、のりえ、麻音と一緒に様々な経験や出会いを重ねて成長していくストーリーです。

竹原市の古い町並みや瀬戸内海の美しい風景などが忠実に再現されているので、アニメファンならずとも、竹原に縁のある人、瀬戸内海の風景が好きな人、古きよき町並みに懐かしさを感じる人など、様々な人を楽しませてくれる作品です。
  • たまゆら

    たまゆら

  • たまゆら〜hitotose〜

    たまゆら〜hitotose〜

  • たまゆら〜もあぐれっしぶ〜

    たまゆら〜もあぐれっしぶ〜

  • たまゆら〜卒業写真〜

    たまゆら〜卒業写真〜

シリーズいっぱい!
2010年 「たまゆら」 松竹株式会社がブルーレイ・DVDを発売
2011年 「たまゆら~hitotose~」 テレビ地上波放送
2013年 「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 テレビ地上波放送
2015年 「たまゆら~卒業写真~」(全4部作) 全国の劇場で上映

このほか、竹原市内で様々なイベントも開催されています。
アニメ聖地88か所の1つに選ばれました
2018年・2019年・2020年に続き2021年においても、世界のアニメファンからの投票で選定される「訪れてみたい日本のアニメ聖地」にたまゆらの聖地・竹原が選ばれました!
アニメツーリズム協会HPに、たまゆらと竹原が紹介されていますので、ぜひご覧ください♪
アニメに出てきた舞台を
訪問してみませんか
アニメ『たまゆら』は、竹原の風景が忠実に描かれています。舞台となった風景を探しに、竹原を歩いてみるのも楽しいですよ!
  • たまゆらラッピングバス

    たまゆらラッピングバス

  • たまゆらラッピングバス

    たまゆらラッピングバス

広島市内から竹原市内でお越しの際は、芸陽バス㈱が運行する高速バス「かぐや姫号」が早くてお得♪
このかぐや姫号のうち数台は「たまゆら」の主人公たちや登場キャラクター「ももねこ様」のイラストをラッピングした“たまゆら号”なんですよ!
平日は14便往復、土日祝日は13往復運行しています。運がよければ“たまゆらバス!?”に乗車できるかも。
詳しくは芸陽バスHPで確認してください。

【広島市内の主な乗車場所】
ひろしまバスセンター5番
広島駅南口Cホーム13番

【降車場所(降車順)】
竹原駅→道の駅たけはら→竹原フェリー港内→忠海駅
(※便によっては竹原フェリー港内終着があります)

【乗車時間】
竹原駅降車の場合約70分