エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           
  • 2023年2月
         
           
  • 2023年3月
         
     
  • 2023年4月
               
               
  • 2023年5月
     
         
  • 2023年6月
           
     
  • 2023年7月
               
             
  • 2023年8月
       
       

『頼山陽』銅像

らいさんようどうぞう

頼 山陽(らい さんよう)
安永9年12月27日(1781年1月21日)大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人です。幼名は久太郎(ひさたろう)。主な作品に『日本外史』があり、幕末の、日本史上のベストセラー作品です。
「頼 惟清」は山陽の祖父で、紺屋を営んでいた家が今も残っています。父「頼 春水」が幼少期にここ竹原で暮らしており、山陽も何度か訪れ詩を残している。

基本情報

住所 〒725-0022 広島県竹原市本町1丁目
アクセス JR呉線竹原駅より徒歩で約12分。
山陽自動車道河内ICより車で約20分。
広島空港より車で約25分。
新港橋バス停より徒歩で約8分。
駐車場 道の駅たけはらの駐車場または
コインパーキングをご使用下さい。

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する